完全に食べないようにするのが良いのか

完全に食べないようにするのが良いのか

日本人の主食としてお米、ご飯があります。ご飯離れが進んでいるといわれますが、ご飯を食べない人ならパンを食べるかもしれません。パンは小麦粉から作られていて、お米も小麦粉も炭水化物が主な栄養素と言われています。体を動かすエネルギーの元と言われ、食事では必ずとるように言われるかもしれません。しかし最近は糖質制限ダイエットが流行してこれらを食べない方法が良いとされています。では完全に糖質を取らないのが良いかですが、それは良くありません。又完全に制限するのはなかなか難しいかもしれません。野菜類、特に根菜類は炭水化物や糖質がそれなりに入っています。又、ご飯やパンも取りすぎを改善する制限は良いですが、全く食べないのは問題かもしれません。

置き換えで満足できる食事をする

ダイエットを失敗したりリバウンドする理由として、続けられない無理な方法をしてしまう点が挙げられます。糖質制限ダイエットが流行して、ご飯やパンを一切食べない方法をとる人がいます。ラーメンの麺を残すとなると、何のためのラーメンか、具だけを食べて満足できるのかと思ってしまいます。確かに糖質である炭水化物を制限すると、太っていた人の脂肪が減ったりするようです。でもあまり我慢しすぎると、結局その後にリバウンドしてしまいます。そこで置き換えで満足できる食事を心がけるようにします。食事からご飯などを抜くだけでなく、その代りの食品を足します。いいとされるのは豆腐などです。たんぱく質が豊富でそれなりに腹持ちもいいので、満足いく食事が可能になります。

糖質制限 痩せない理由となるのは、人によって様々です。気づかない間に糖質を摂取している人もいれば、食事の量が多い、基礎代謝が低いなどの理由で痩せない人もいます。