知らなかった!腰痛の原因になる生活習慣3選

知らなかった!腰痛の原因になる生活習慣3選

座りっぱなしは厳禁!

同じ姿勢を取り続けると腰痛が起こりやすくなります。デスクワークで椅子に座りっぱなしの人や、長時間車を運転する人は意外と自覚がないうちに腰痛になっていたりします。また冬場など、寒いからとこたつに入ったまま動かないでいるのも、腰痛になりやすいと言われています。座っている姿勢というのは脚に負担がかからず楽ですが、座ったまま同じ姿勢を取り続けると筋肉や骨に負荷がかかってしまうそうです。適度に動く習慣を取り入れると良いですね。

片足に重心を乗せたり、脚を組んだりしない

無意識のうちにやってしまいがちなのが、片足に重心を乗せて立ってしまったり、椅子に座るときに脚を組んでしまったりすること。これらの姿勢は楽に感じてしまうものですが、この姿勢を取り続けると骨盤が歪んでしまいます。骨盤が歪むと姿勢も悪くなり、それが腰痛の原因となります。日常的にやってしまいがちなので、脚を組んだりしないように意識していきたいものです。

スマホの画面を見過ぎるのはNG!

ストレートネックやスマホ首なんて言葉を耳にしたことがある人もいるかも知れません。スマホの画面を見るために、人は首を曲げたまま同じ姿勢を取り続けてしまいます。この姿勢は、首に大きな負担をかけると共に、首と繋がっている腰にも当然負担がかかります。ついついスマホに夢中になって何時間も画面に釘付け…なんてことがあるかもしれませんが、首や腰にとっては悪影響しかないということを覚えておきましょう。スマホをいじるのもほどほどにして、たまには体を動かしたりすることが大事ですね。

腰痛 注射は痛ければ、直ぐすれば良い訳ではありません。極度のぎっくり腰や炎症による腰痛には、余り効果がない場合があります。その様な時こそ必要な治療法です。