歯科矯正を迷っている方へ!メリットとデメリットを解説

歯科矯正を迷っている方へ!メリットとデメリットを解説

歯並びが気になったら歯科矯正

歯並びが気になる場合は、歯科矯正で整える方法があります。この歯科矯正は、歯に器具をつけて歯並びを整えるというものですが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?それぞれについて説明します。

歯科矯正をするメリット

歯科矯正をする1番のメリットは、歯並びを整えられる点です。歯並びを整えると、見た目がきれいになるばかりではありません。食べ物が歯の隙間やでこぼこに入りにくくなるため、歯磨きがしやすくなります。しっかりした噛み合わせになるので、食べ物が噛みやすくなります。さらに、噛み合わせが不安定だと、頭痛や肩こりなど、体の他の部分も不調になることがありますが、これらの不調の改善も期待できます。

歯科矯正をするデメリット

歯科矯正1番のデメリットは高額な費用です。審美的な矯正は保険が使えず、治療にかかる費用は全額自己負担になります。程度にもよりますが大人で大体数十万~100万円の費用がかかります。また、歯科矯正は数年にわたり継続して行う必要があり、その期間は常に歯に器具をつけた状態になるため、見た目が気になる場合もあります。なお、器具をつけている間は、歯が移動することにより痛みが発生する場合もあります。器具に汚れがたまらないよう、より丁寧に歯磨きをすることも必要です。

歯科矯正のメリット・デメリットを理解して検討しよう

歯科矯正にはメリットとデメリットのどちらも存在します。高額な費用と時間がかかるため、よく検討することが必要です。メリット・デメリットの両方をよく理解した上で、決定しましょう。

目立って気になる出っ歯。出っ歯の矯正には部分矯正が可能です。通常の矯正より早く安く済みます。部分矯正の費用は平均20万円、全体矯正は平均70万円と、その差は大きいです。