見栄えの悪いほくろは綺麗に取りたい!ほくろ除去の仕組みを理解しよう!

見栄えの悪いほくろは綺麗に取りたい!ほくろ除去の仕組みを理解しよう!

ほくろの発生メカニズムとデメリットの詳細

ほくろは肌に生じる色素沈着の一種で、細胞に含まれている色素が一つの部分に集まって形成された状態を指します。他の部分と比べて色が濃く、場合によっては真っ黒に変色することもあります。ほくろは肌への刺激や薬剤の副作用など様々な原因で発生しますが、個人の体質によって発生のタイミングはそれぞれ異なるので完璧な予防はほぼ不可能です。また、ほくろは一度形成されると自然に消えることは殆ど無いので、除去するためには医療機関で治療を受ける必要があります。

通常のほくろは人体に害はありませんが、場所や大きさによっては見栄えが悪くなる可能性があります。また、ほくろは刺激を受け続けると傷が生じて痛みや出血に見舞われる他、細胞が変質して重大な疾患に繋がる危険もあることから安易な接触は避けることが大切です。

ほくろ除去の方法と費用について

ほくろ除去は美容外科などの専門医の下で行うのが最適な方法です。ほくろは皮膚細胞の奥まで形成されている物が多いので、対象部位をえぐるように取り除くのが一般的な治療方法になります。そのため、治療後は傷口を綺麗に塞ぐためのアフターケアが不可欠です。また、ほくろは刺激を受けた部分に出来やすいことから除去治療を受けた周囲に新しく形成される可能性があります。そのため、ほくろの形成を防ぐためのスキンケアを施す医療機関を選ぶのが美肌を保つ条件です。

ほくろ除去は医療行為とは見做されていないので費用の全額を患者が負担します。同じ除去治療でも医療機関によって費用が違うので、複数の医療機関を比較して慎重に判断することが大切です。

ほくろ除去の施術はコストがかかりがちですが、ヒマシ油と重曹を2:1の割合で混ぜるだけで作れる「カソーダ」をほくろに塗ることで、自宅でも簡単にほくろを取ることができます。